女性のお尻を掴む男性 白黒

ジャンルがどういったものであるかに関わらず五反田の風俗でも性病感染のリスクは存在する

女性は男性よりも性感帯が広く、前戯だけで高まりを感じる人も少なくりません。実際にペニスを挿入しなくても、深い満足を得られる人は多いのです。

そのかわりと言ってはなんですが、かなり時間がかかるという傾向もあります。ゆっくりと時間をかけてサービスを行わないと、女性の場合には満足しません。そして「受身」のサービスを好むでしょう。

女性専用の風俗店には大きく分けて二つのタイプがあり、手や肌と肌との接触でサービスを行うものと、局部を舐めたり、もしそこでお互いが盛り上がれば挿入を伴うサービスまで行いますという営業方針に分かれます。性病リスクは局部を舐めたり挿入を伴うと、それだけ高くなります。

挿入の際には、コンドームを使用することでかなりのリスクを軽減することが出来ます。しかし「舐める行為」は、コンドームに成り代わるものがありません。

女性用のコンドームやラップなどを使うことも出来ますが、男性がコンドームを使うよりもずっと快感は得にくいものになります。

舐めるならば、やはり生で舐めるということを求められるでしょう。これによってHIVに感染する可能性はそこまで高くありませんが、クラジミアなどは保菌者の膣を舐めることで、喉に感染します。

感染した喉で健常者の膣を舐めると、健常者に感染させる可能性が高くなります。そういう風俗店で働く男性もシッカリした経営方針を持ったお店であれば、体液や喉の性病検査は定期的に行います。

それでも潜伏期間がります。タイミングによっては感染するかもしれませんし、お客の女性に感染させてしまうかもしれませんよね。

「舐めること」をサービス内容に入れている店舗には、生本番に比べればそこまで高いリスクではないものの、やはり性病リスクは伴うことになります。

そういう事から見て、女性用の性風俗店にも、クンニサービスがない店舗もあるのです。その数は、男性用のお店が「生尺をしない」というものよりも多いでしょう。

男性の場合には手だけのサービスでは満足できない可能性がありますが、女性の場合にはそれで深い快感を得ることが出来る人が殆どで、その違いでもあると考えられます。

男性用に比べて時間が長く設定されているのも、そのためでしょう。HPにはそれぞれの店の特徴というものが、男性用よりも詳細に書いてある傾向です。

利用してみようかなという時には、HPなどをしっかりと読んで決めたほうが良さそうです。HPから受ける印象も大切です。